勃起薬でいつまでも元気に

EDの分類

EDの分類

EDは、一時性ED・一度も性交が成功しない場合と、二次性ED・少なくとも1回以上性交できたものが成功できなくなった場合とに区別されます。

 

その中でもさらに分けることができます。

 

機能性ED
まずターベーションはできても、女性を相手にするとセックスができなくなる、など勃起機能は正常に働くのに、心理的要因や環境などによって成功がうまくできなくなるEDです。
機能性EDの原因として、過度の緊張やストレス、不安、夫婦間のトラブル、妊娠の恐れ、うつ状態、性に対する罪悪感、対人関係の不安定などがあります。治療は精神療法やカウンセリングとなりますが、専門医の診察などが治療法となることが多いです。

 

器質性ED
勃起に関与する陰茎組織、神経、血管と言った肉体的な障害により、充分な勃起が得られずに精巧ができない状態を言います。直腸や前立腺のがんの手術によって、勃起に関係する組織や神経が破壊されてしまったケース、自己で脊髄を痛めた場合、血管や神経障害を引き起こす重症の糖尿病や腎臓病などが原因となることが多いです。

 

混合性ED
器質的要素が混在するか、あるいはどちらか確定できないもの。糖尿病や腎不全などの慢性疾患や、泌尿器科的疾患、外傷及び手術、加齢などの場合は、この混合型のEDになりやすいと言われています。

 

また、喫煙や運動不足変色など、循環系の病気が原因になるのは、どれでもEDを引き起こす恐れがあるということなので、少しでも心当たりがある人は注意してください。

 

その他、高血圧に対する高圧剤や胃潰瘍に対する抗潰瘍剤、不眠やイライラなどに対する自律神経薬剤など、日頃服用している薬剤が引き起こすケースも報告されています。当然のことながら、治療方法は、原因によってそれぞれ異なります。


自分に合う勃起薬を検索する

≪ タイプ別勃起薬をお探しはこちらから ≫

 

勃起薬も様々なタイプの勃起薬があります。
ED治療薬の使われているバイアグラ・レビトラ・ザイデナ・シアリス・カマグラなどED治療薬を購入したい時は個人輸入サイトから購入でき処方箋は必要ありません。あくまでも個人が使用し自己責任でしようすることが決まりです。
ED治療薬は、薬なのでジェネリック薬も販売されています。コストが気にある方にはジェネリック薬がおススメです。

 

ED治療薬以外にも精力剤と呼ばれる勃起薬もあります。昔から多くの男性に人気のある高麗人参やすっぽん・マカ、最近ではクラチャイダムが注目されています。

 

勃起薬と増大を兼ね備えたサプリもあります。
自分が求めている勃起薬を検索できます。

 

勃起薬分類