勃起薬でいつまでも元気に

血管系の疾患が原因のED

血管系の疾患が原因のED

男性の性機能障害で一番注目されるのが勃起障害・EDでしょう。アメリカで開発されたクエン酸シルデナフィル・バイアグラは日本でも使用することが法律でも認められ大人気です。

 

性的欲求は食欲と同じく人間の本能の一つです。人間活動の質を向上させる願望としてとらえるのなら、バイアグラへ関心の高さは不思議ではありません。

 

医療技術の向上により、平均寿命が延び、人生80年の時代に突入しています。高齢化が進んだ分、介護や福祉への問題が大きくなってきています。

 

一方では若い頃と変わらない健康な中高年の人も多いです。このような健康な人は若い頃と何ら変わらず、人生を楽しみたいという欲求が高いことは当然でしょう。

 

欲望の一つである性的欲求は精神心理的要因を主体とするものであり、男性の場合にはそれをかなえるためには性器の勃起が必要不可欠です。しかし年齢を取るにしたがって、性欲はあっても、充分な勃起が得られない男性が増加しているのです。

 

勃起障害・EDとは、満足な性活動のための十分な勃起が得られず、勃起が維持できない状態とされています。

 

アメリカではEDの頻度は1000万人から3000万人いると推計されています。具体的にはボストン周辺の40歳から70歳の男性では半数以上が何らかのED症状を訴えました。そのうち完全なEDは10%、軽症は17%、中程度は25%であった、その割合も病状の程度も年齢を重ねるごとに増えていた。

 

EDの症状は様々です。従来のED患者の大部分は精神的な要因によるとされていました。しかし45歳以上のEDのほとんどは血管系、神経系などのなどの器質的な疾患によるとされるようになってきました。特に循環器系にかかわる病状として、動脈硬化などはEDの原因となることがわかっています。

 

ごく一般的な喫煙、糖尿病、高脂血症、高血圧症、飲酒過多なども原因となることがあります。これらの病状に対する治療薬も、またEDの原因となることがあります。


自分に合う勃起薬を検索する

≪ タイプ別勃起薬をお探しはこちらから ≫

 

勃起薬も様々なタイプの勃起薬があります。
ED治療薬の使われているバイアグラ・レビトラ・ザイデナ・シアリス・カマグラなどED治療薬を購入したい時は個人輸入サイトから購入でき処方箋は必要ありません。あくまでも個人が使用し自己責任でしようすることが決まりです。
ED治療薬は、薬なのでジェネリック薬も販売されています。コストが気にある方にはジェネリック薬がおススメです。

 

ED治療薬以外にも精力剤と呼ばれる勃起薬もあります。昔から多くの男性に人気のある高麗人参やすっぽん・マカ、最近ではクラチャイダムが注目されています。

 

勃起薬と増大を兼ね備えたサプリもあります。
自分が求めている勃起薬を検索できます。

 

勃起薬検索