勃起薬でいつまでも元気に

明治の回春事情

明治の回春事情

女性をその気にさせる媚薬とはどのようなものなのでしょうか?

 

イギリスの科学者が、異性を引き付けるために分泌されている性フェロモンを人間から抽出し、合成することに成功したと発表し、大きな話題となりました。

 

早速ロンドンの香水会社から、その合成したフェロモン入り香水が販売されて人気の様です。

 

確かに、愛液の中には、フェロモンが含まれていますし、動物が生殖のために異性を引き付けるときにフェロモンと言うにおいの物質が分泌されるのも事実です。

 

猿なども発情期が来ると、このにおいをかいで相手が交尾に適しているかどうかを判断します。

 

男性用の香水に入っているムスクと言うのも、ジャコウジカのオスがメスを引き寄せて発情させるために発するにおいのことです。

 

だからと言って、人間がこのにおいをかいでも異性を引き付けることができるかどうかはまだ立証されていません。

 

もちろん性的に興奮したからという人もいるでしょうが、すべてに人が同じように興奮するとは思えないからです。

 

特に、全く自分に好意を抱いていない女性にある種の媚薬をかがせたり、飲ませたりしたからと言って、すぐにその気にさせるようなものは存在しません。いわゆる惚れ薬はないのです。

 

媚薬としての滋養強壮剤と強壮剤が使われることがあります。相手の女性があなたに好意を持っているのに、理性で無理に性欲を抑えている状態なら、これらのものでもある程度興奮させて、その理性を解放させた結果、その気にさせるというものはあります。

 

それこそ、コーヒーがそうです。コーヒーに入っているカフェインは、興奮剤の働きがあるからです。また、アルコールに入っているカフェインは、興奮剤の働きがあります。

 

つまり媚薬とはアルコールとお酒のことなのです。惚れ薬的な媚薬はその程度ですが、いわゆる不感症の女性に対して、性感を高めるための精力剤は存在します。たとえば、強精薬のヨヒンビン製薬は、中枢神経が刺激されて興奮状態になるとともに、末梢神経の血管が拡張されます。

 

女性の場合も膣周辺の血行が良くなり、ほてったような状態になってきます。また、男性ホルモン製剤についても、一時的に服用する限りにおいて、そのごく少量の男性ホルモンが起爆剤となり、女性ホルモンの分泌を促して感度が高まります。

 

また、女性ホルモンが低下した場合は、性欲も感度も落ちてきます。外部から補ってやるという方法もあります。

 

これは塗り薬ですが、エストラジオールとエチニエストラジオールと言う女性ホルモンの化学合成物質を陰部に塗り込むことによって、体内に吸収される仕組みになっています。

 

滋養強壮剤も、強精剤ほどの即効性はありませんが、女性の倍にも有効です。健康体である限り性欲を抱くことや陰部が濡れることは正常です。体全体を健康体にすることによって、性感を復活させ、維持させることができるのです。


自分に合う勃起薬を検索する

≪ タイプ別勃起薬をお探しはこちらから ≫

 

勃起薬も様々なタイプの勃起薬があります。
ED治療薬の使われているバイアグラ・レビトラ・ザイデナ・シアリス・カマグラなどED治療薬を購入したい時は個人輸入サイトから購入でき処方箋は必要ありません。あくまでも個人が使用し自己責任でしようすることが決まりです。
ED治療薬は、薬なのでジェネリック薬も販売されています。コストが気にある方にはジェネリック薬がおススメです。

 

ED治療薬以外にも精力剤と呼ばれる勃起薬もあります。昔から多くの男性に人気のある高麗人参やすっぽん・マカ、最近ではクラチャイダムが注目されています。

 

勃起薬と増大を兼ね備えたサプリもあります。
自分が求めている勃起薬を検索できます。

 

勃起薬