勃起薬でいつまでも元気に

睡眠中の勃起でEDがわかる

睡眠中,ED

勃起機能診断テストスコア以外に、ED治療専門医が問診の際に重視するのは、患者のこれまでの病歴、糖尿病、心臓疾患、消化器系疾患、肝臓や腎臓の病気、外傷や手術、喫煙や飲酒の習慣などや併用している薬などです。

 

当然、このようにして患者たちと話をしているうちに、家庭環境や住居の状態なども聞きます。親との同居は、夫婦の性的コミュニケーションの妨げとなることが少なくないからです。

 

また、隣の部屋の物音が気になるような居住環境も同様です。

 

こうして患者から、詳しく話を聞いているうちに、勃起障害のタイプや、その原因がおおむねわかってくる場合があります。

 

問診だけで、器質性と機能性の判断が難しい場合や、どうしてもはっきりした客観的診断根拠が必要な時は、やむを得ずいくつかの検査を行います。

 

もっとも簡単で、患者の負担にならない検査法は、夜間睡眠時勃起現象(Nocturnal penile tumescence NPT)の有無を見るものです。NPTと言うのは、睡眠中、本人もまた気付かないうちにみられる不思議な現象なのです。

 

NPTを簡単に睡眠について

 

床についてすっかりリラックスし、うとうとし始めると脳波は、かの有名なα波となります。
まだ眠ってはいない。
数分後には浅井第一段階の睡眠状態に入り、第二段階の睡眠では、このシータ波に紡錘波が混じってきます。この状態が20分から30分続いた後、脳波にはシータ波に加えてデルタ波が出現してきます。

 

第三段階の睡眠です。まもなくシータ波は消えてなくなるデルタ波だけの第四段階の睡眠に入る。
最も深い第四段階の睡眠が30分から40分続いた後、再び浅い睡眠へと戻ってきます。

 

しかし、普通、第一段階の睡眠状態までには戻ることはありません。この時の睡眠がレム睡眠と呼ばれるものです。脳波は各政治と同じシータ波にアルファ波が混じったものになります。
大体90分から110分ぐらいの手記で、レム睡眠、ノンレム睡眠が繰り返されます。

 

このレム睡眠の段階でいろいろと不思議な現象がみられるのです。普通、睡眠を支配する自律神経は副交感神経ですが、このレム睡眠に入ると、交感神経が覚醒時よりも活発に働きだすのです。

 

脳血流は増加し、血圧の上昇も見られます。中でも注目されるのが、今話題にしているNPTと言われる、性器の興奮状態です。男女ともにみられるもので、弾性ではペニスが勃起し、女性ではクリトリスの勃起から、いわゆる「濡れる」と言う状態になり、子宮の収縮も見られるといます。

 

普通、一晩に数回のNPTが起こると言われています。セックスしている時と同じ変化が起こるのであるが、性的刺激によっておこる通常の興奮状態とは、そのメカニズムは異なるものです。何のためにこのようなことが起こっているのかの理由はわかっていません。

 

一説には種族保存のために無意識化でのセックス・トレーニングであるとも言われているのだが、打とすればセックスの持つ底知れない深みを見る思いします。

 


自分に合う勃起薬を検索する

≪ タイプ別勃起薬をお探しはこちらから ≫

 

勃起薬も様々なタイプの勃起薬があります。
ED治療薬の使われているバイアグラ・レビトラ・ザイデナ・シアリス・カマグラなどED治療薬を購入したい時は個人輸入サイトから購入でき処方箋は必要ありません。あくまでも個人が使用し自己責任でしようすることが決まりです。
ED治療薬は、薬なのでジェネリック薬も販売されています。コストが気にある方にはジェネリック薬がおススメです。

 

ED治療薬以外にも精力剤と呼ばれる勃起薬もあります。昔から多くの男性に人気のある高麗人参やすっぽん・マカ、最近ではクラチャイダムが注目されています。

 

勃起薬と増大を兼ね備えたサプリもあります。
自分が求めている勃起薬を検索できます。

 

勃起薬