勃起薬でいつまでも元気に

早漏を薬で治す

早漏薬

同じ早漏でも若者と中高年では原因が根本的に違います。いわゆる早漏という場合には、それに適した精力剤があります。ただ式と付けなければいけないことは、若いときの走路等中高年になってからの早漏は根本的に違うということです

 

若いときの早漏は、敏感過ぎるために少しの刺激でも我慢できずに射精してしまう状態です。昔は早漏ではなかったのに中高年になってから早漏になってしまったという人の場合は、急激に敏感になってしまったとは考えられません。

 

実は中高年の早漏と言うのは、男性ホルモンの分泌が低下したために、射精閉鎖筋と言う射精をコントロールする筋肉の働きが弱まったことが原因で起こるのです。これも一つの精力減退だといえます。

 

中高年になってからの早漏を治療するには、男性ホルモン製剤を服用して分泌した男性ホルモンを外部から補ったり、滋養強壮剤で体を健康体に近づけ、男性ホルモンの分泌を促せばいいのです。

 

緊急の場合、男性ホルモンがはいった強力ラールという塗り薬を睾丸に塗り込むことによって、弱まった射精閉鎖菌の働きをもとに戻す方法があります。

 

この強力ラールは、性行為の前に睾丸に塗ってください。この方法は治療を目的とするときにも応用できますので、毎日塗り続けることで効果を実感することができます。男性ホルモンの分泌が促されて、正常な働きに近づいてきます。

 

ただし、亀頭には塗らないようにしてください。ついてしまうと、早漏どころか感覚が鈍くなり、勃起しにくくなるからです。そのまま勃起不全に陥るケースも報告されていますので、慎重に塗るようにしてください。

 

若者の早漏には反対に、この強力ラールを直接亀頭に塗ることで、感度を鈍らせて長持ちさせることができます。

 

なので、塗る部分は睾丸ではなく亀頭の部分になります。尿道口は避けながら、亀頭全体に塗り込んでください。強力ラールには塩酸ジプカインプロカインと言うしびれ薬が入っていますので、それによってある程度の刺激にも耐えることができるようになります。

 

ただし、女性の口にこの成分が入るといけませんので、口での愛撫はNGです。またコンドームの着用も必ずするようにしてください。

 

塗ってから30分も経つと、いくらふき取っても成分が浸透すれば、しばらくは効果が続きますので、それ以上の時間がたてば、元の状態に戻ってしまいますから、塗るタイミングも大切でしょう。

 

この穂応報は一時的に感覚を麻痺させて早漏を防ぐだけですので、いくら毎日塗りこんでも、早漏自体が治るわけではありません。あくまでも早漏防止ということで、その都度使用しなくてはいけません。

 


自分に合う勃起薬を検索する

≪ タイプ別勃起薬をお探しはこちらから ≫

 

勃起薬も様々なタイプの勃起薬があります。
ED治療薬の使われているバイアグラ・レビトラ・ザイデナ・シアリス・カマグラなどED治療薬を購入したい時は個人輸入サイトから購入でき処方箋は必要ありません。あくまでも個人が使用し自己責任でしようすることが決まりです。
ED治療薬は、薬なのでジェネリック薬も販売されています。コストが気にある方にはジェネリック薬がおススメです。

 

ED治療薬以外にも精力剤と呼ばれる勃起薬もあります。昔から多くの男性に人気のある高麗人参やすっぽん・マカ、最近ではクラチャイダムが注目されています。

 

勃起薬と増大を兼ね備えたサプリもあります。
自分が求めている勃起薬を検索できます。

 

最強勃起薬